本店移転を使う場合

合同会社で本店移転を行う場面について


合同会社の設立については現在では起業することを考えている方にとっては注目されている形式になります。会社を作るためには以前は必要とされている資本金というものがあって、例えば株式会社を設立する場合では、最低でも2千万円の資本金を必要としていました。しかし、近年ではその制度が撤廃されたために、起業を目指すことに関しては、以前よりも敷居の低いものとなっています。会社組織の一つとして用意されているものでは合同会社が用意されていて、かつて存在していた有限会社に近いものがありますが、大きな違いと言えば設立する際に必要としている資金が少なく済ませることができ、監査役などを設置することを必要としていない部分にあります。基本的には有限会社と似ている部分が大きく、コンパクトな規模の会社運営を行う上では税制面を考えてもお得に運営することのできるシステムを持っているものです。特に優遇されており、メリットとなっている部分としては、合同会社の場合で出資者が社員となることで、それぞれが出資している額面を上限として有限責任を負うことになることで、自己所有としての資産に影響することがありません。また、代表者は定款によって定めることも可能とされていますが、基本的には出資者である社員全員に代表権があると考えることができるために、お互いの意志を尊重し合うことができ、会社内での方向性などを議論する場合であっても、社員からの支持を得ることができた場合では、速やかに行動に移すことができるという軽快な一面を持っています。初期の段階で、小規模な事業を展開する場合では、個人事業主として業務を行うことも良い方法となりますが、その後に事業が進展していった場合では、やはりしっかりとした法人化を行うことがおすすめになります。その理由としては、例えば流通系の場合では商品の売買時に接触する取引先などからの信頼度というものが変わってくることになります。その場合では、合同会社を設立することによって、一定の信頼感を得ることができ、会社運営をスムーズに展開することが可能になります。さらに会社を発展させた場合では、事務所を大きくしたり、中には工場を併設することを必要としている場面も見られます。このケースでは本店移転を行う場面も見られますが、合同会社の場合でも、本店移転を行うならば、所定の手続きを行うことが必要とされています。簡単な説明では、2週間以内に変更登記を済ませることが必要とされていて、定款上で旧住所が記載されているケースでは、定款も変更することが求められています。